JavaScriptとJavaとの違い

JavaScriptプログラミング言語は、Netscape, Inc. により開発されたプログラミング言語で、Javaプラットフォームの一部ではありません。

JavaScriptでは、アプレットやスタンドアロン・アプリケーションは作成できません。最も一般的な形態では、JavaScriptはHTMLドキュメント内部に存在し、簡単なHTMLでは実現できないレベルの対話性をWebページに提供できます。

JavaとJavaScriptとの主な違いは、次のとおりです。
JavaはOOPプログラミング言語ですが、Java ScriptはOOPスクリプト言語です。
Javaは仮想マシンやブラウザ内で実行されるアプリケーションを作成しますが、JavaScriptコードはブラウザ上でのみ実行されます。
Javaコードはコンパイルする必要がありますが、JavaScriptコードはすべてテキスト形式です。
これらには異なるプラグインが必要です。
<<引用:https://www.java.com/ja/download/faq/java_javascript.xml >>